BLOG

表現者の道に命の炎を燃やしたいプロ志望来たれ!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. エッセイ・コラム
  4. 決め手は鼻歌!? 書くを習慣化して”自分の生き方”に気づこう!

決め手は鼻歌!? 書くを習慣化して”自分の生き方”に気づこう!

~気軽に数行だけ書いてみる――
 人生を激変させる「ユニークな儀式」~

「書く」時にまず最初にやってみてほしいのは、鼻歌を歌うように気まぐれに「ノートやスマホのメモ機能に書き戯れる」という行為です。

この「鼻歌」からあなたの人生の大変革がはじまります。

鼻歌交じりに、週末にやりたいこと、将来やれたらいいなと思うことを手帳に書いたり、友人に飲み会の案内を送ってみたりする。

しかもたったの数行。

この程度なら、もうすでにやっているのではありませんか? 

そう、それでいいのです。

次はそのことを習慣化するのです。

ここでの「書く」という行為は
「本当の自分の心に耳を傾ける」
「本当の自分の魂の訴えを知る」
という行為そのものです。

やがて、この習慣がゆるやかに、今のあなたに不足している「本当の自分の生き方」に気づかせてくれるのです。

「やらねばならないこと」ではなく「やりたいこと」、つまり自分の欲望や希望を拾う「受信機」を心の中に育むことができます。

20代の頃、私は自分探しをしていました。

会社員として働きながらも「自分が本当になりたいのはどのような職業なのだろう?」と、日夜「自分らしい本当の働き方」を探していたのです。

「やりたい仕事」に就けていなかったことや会社での人間関係がうまくいっていないことなどもあって、「自分が輝く場所はここではない。きっと別のどこかにある!」と信じてやまなかったのです。

大人が見れば「世間知らずの現実逃避」にしか見えなかったでしょう。

でも私はこの現実逃避をやめることができませんでした。

輝く未来、輝く本当の自分との出会いを諦めきれなかったのです。

そこで、暇さえあれば、かばんの中のノートを取り出し、ああでもないこうでもないと数行ずつ「自分らしい本当の生き方」について書きつづりました。

真っ白なノートには僕を遮るものはありません。

自分の意見を否定する人も、バカにする人もいません。

おかげで自分の世界を際限なく広げることができたのです。

そして、自分が描いた世界に自分でワクワクし、やがてその世界観を実際に世の中で試したい意欲が溢れ出しました。

書き続けることで自分の知らない一面がどんどん明らかになっていきました。

「皆をドキドキさせたり笑わせたり、感動させるために、五体をがむしゃらに使って、自分自身も熱く完全燃焼する」
――それが僕のあるべき生き方だと気づいたのです。

その気持ちは、今も自分の生き方の根底にあります。

まずは、鼻歌を歌いながら何でもいいから、頭の中に思い浮かんだことを書いてみましょう。

それが「本当の自分」を引き出すカギになるかもしれません。


潮凪道場 塾長 潮凪 洋介

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■リアルエッセイスト養成塾 潮凪道場
http://www.shionagi-doujo.com/

■無料メルマガ SHIONAGI DOUJO「人生は書くだけで動き出す!」
http://www.shionagi-doujo.com/mail-magazine.html

■出版無料動画講座!「出版する方法教えます」
http://www.shionagi-doujo.com/movie

■受講生の声
http://www.shionagi-doujo.com/interview

■入塾を検討したい方はコチラ
http://www.shionagi-doujo.com/course

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事